瓦屋根の葺き替え・修理ならお任せ

谷板金入れ替え工事

谷樋の腐食

雨漏りで問い合わせが多いのが谷樋の腐食によっておこる雨漏りです。
瓦屋根の形状により屋根の上につくられる谷間となる部分に入れられるのが谷樋と言います。主に銅・ステンレス部材で水を受けて排水する樋の役割を果たしています。
そして古いお宅の多くは、この谷樋の素材に銅版が使用されています。
銅版は、昔は一生モノと言う認識もあって、谷樋に限らず、建物のあちらこちらの部位に使われました。
しかし最近、大気汚染・酸性雨などの影響か一生モノと考えられていた銅版の耐久性に、思いもよらない弊害が続発し始め、銅版の劣化によるトラブルも多発するようになりました。
これは、昔はあまり見られなかったような銅版自体が腐食をしてしまう現象や、そもそも柔らかい素材であるが故の劣化などが原因により、谷樋に穴があいてしまう事で雨漏りにつながってしまう事象なのです。
腐食した谷樋は.ステンレスの谷樋に早急に変えることをおすすめします。
またお施主様が自分で直そうとシリコンシーリング(コーキング)をあちらこちらに塗り付けてみたり、谷樋に防水材を塗ってみたり、谷樋にシートらしきモノを無理やり入れてたりすると、よけい症状が悪化するおそれがありますので早急に専門業者に相談してください。